精油の持つ力

見えないウィルスに生活が、目まぐるしく変わっていく毎日ですね。

皆さん今までと違う様式に変化対応しながら毎日をお過ごしのことと思います。

年末からサロンでレインドロップのキャンペーンを行っています。

1月末までのキャンペーンです。

通常90分13000円の施術が 11000円となります。

レインドロップはこちら

このレインドロップはウィルスに強い抗菌作用のある精油をたくさん使っています。(身体に塗布可能な精油を使っています。)

私達は生活していくうえで様々なものを外から身体に取り込んでいます。

それはウィルスもそうですね。除菌シートやスプレーで最低限のウィルスを取り除く作業を皆さんもしていることと思います。

ウィルスだけではなく、身に見えないエネルギーも私たちの体の中に細胞まで刺激を受けて生活しています。

自分にとって良い情報も悪い情報も、する~っと入り込んでいくのです。

それは情報や感覚として私達に伝達をし認識させます。

ですから風邪をひいたり、肩が凝ったり、ストレスがたまったりを感じるわけです。

人間なので当たり前のことで、それが悪いというわけではありません。

反対に喜びの感情や、快適さなども感じることができるのですから。

ただこの私たちが持っている受容体(上記で述べたような体の中に入った刺激を変換できるもの)が汚れた状態のままですとせっかく良い状態を引き寄せたくても、なかなかすんなりとうまくいきません。

レインドロップで使う精油はそんな受容体をお掃除してくれる精油を使います。

ハーブ系のオイルを主に使いますが、清潔さを保つため、この受容体のお掃除オイルとして、オレガノを使います。オレガノには高微生物を輩出してくれる効果があります。このオイルを使って身体を綺麗にしてから、他のオイルでさらに、クリアに浄化していきます。

レインドロップで使用するオイルの説明です

ヴァラー・・・ 全身のバランスを調整 自己イメージを高める

オレガノ・・・高微生物を輩出する・抗炎症効果

タイム・・・殺菌・免疫効果・オイルの浸透を助ける効果

バジル・・・筋肉、緊張を緩める・集中力UP・抗炎症

サイプレス・・・抗菌・血行促進・循環器・筋肉の損傷を受けた組織を回復

ウィンターグリーン・・・鎮痛・消炎作用・リュウマチ・関節炎

マジョラム・・・リラックス・不安の軽減・不眠化改善

ペパーミント・・・消化をサポート・解熱

アロマシーズ・・・肩こり・筋肉痛(YL社のブレンドオイル)

上記のオイルを使用し施術します。

効能などわかりやすく記載しました。

ハーブ系のオイルが多く、爽やかな清涼感を感じる香の中、すっきりと軽くなったような感覚を受け取っていただけるとご好評頂いてます。

私自身、施術していますと、クライアントさんの硬かった背中や肩が柔らかくなっていくのを目視でも感じています。

深いリラックス効果がありますのでそのままお休みになられる方も多いです。

精油の持っている力ってとってもすごいんです。

頑張ったりしなくても、言葉で説明しなくても、オイルが仕事をしてくれているんですね。

それぞれがそれぞれの働きをしながら、身体と心を細胞レベルでクリアにして整えてくれるのです。

残念ながらまだ日本では、医療行為や治療として精油の使用は認可されておらず医療行為としては使われておりませんが、アロマテラピーの先進国であるフランスや、スイス、ベルギーなどでは医学として認可されており薬局で販売されたり内服として病院で処方されているようです。その為精油の基準も厳しくなっております。

昨今のこのような状況下ですから、早く日本でも精油が認可されてもっともっと皆さんの生活に身軽に役立てられる日がくることを願っています。

レインドロップで使用している精油は一度も汚染されたことのない土壌から作られた品質管理されたPUREなグレードの高い精油を使用しています。

レインドロップキャンペーンは今月いっぱいとなります。

気になった方はお問合せ・ご予約下さい。

好きな香り・苦手な香り 皆さんそれぞれあると思います。

精神状態によっても香りの好みは変わります。

心地の良い香りは、私達を心身ともにリラックスさせ、豊かな生活を送ることを

サポートしてくれます。

みなさんもぜひ、お気に入りの香を見つけてみて下さいね。

その香りが、きっとあなたをサポートしてくれます。

さて、私の今日の気分はどんな香だろうかな・・・

今からセレクトします♡

関連記事

最近の記事

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

PAGE TOP